築27年の小さな我が家 雨漏りが気になり外壁塗装を依頼しました。

ちょっと困りごと解決日記

こんにちは、apronブログです。

築27年の我が家 台風の後、天井に薄っす

らとシミが

皆さんも雨漏りが気になることは

ないでしょうか?

今回は実際に外壁塗装してもらう事で

気づいたことなどを

書いていきたいと思います。

5月11日 初日 塗装屋さん下見に来る

実際、家を見てもらい外壁のコーキングが

剝がれていることや屋根に苔がはえていること、

屋根に上るとバリバリとわれそうな感じが

することや 当然ですが台風の後

雨漏りがしてきているようだと言う事も

伝えると

屋根にのぼることなく遠くから屋根を眺め、

大丈夫ですよ!!とのことで

少し不安でしたが、家の図面をコピーして

見積もりを出してもらう事にしました。

5月23日 見積もりが届く

足場工事(メッシュシート)

コーキング工事

塗装工事(高圧洗浄、外壁塗装、屋根塗装、軒天塗装)

雑工事(横樋、縦樋、雨戸、破風、換気フード)(波板脱着交換、クラック補修)

    計126万+消費税

この金額が高いのか安いのかネットで

いろいろ調べてみるとこれくらいが

相場みたいだったので、依頼しました。

6月3日  工事始まります。 気づき1

工事始まりの日、今日の作業はベランダの

波板を外し、壁に付いている格子を外し

家の周りに置いている物を全て

一つの場所に移動するとの事。

気づき1 私は知らなかったのですが、

自分たちで家の周りの物を前日に

移動させたのですが

作業の一環として塗装屋さんがしてくれる

と言う事だったみたいで

ありがとうございましたといわれました(笑)

6月4日 足場組   

今日は仕事のため作業は見ていませんが、帰宅するとこうなっていました。

6月6日 止水止め、高圧洗浄 気づき2

今日の作業は、雨漏りが気になる所の止水止めと屋根、外壁の全ての洗浄です。

屋根は、雨漏りが気になる所は高圧洗浄せず、

手ブラシでしてくれるとのことで

安心しましたが、

本来この日は仕事に行くはずだったのですが、

雨漏りが気になる家の方は

必ず家に居たほうが良いと思います。

ここで気づき2 塗装屋さんは気を付けて高圧洗浄

してくれるのですが、

水の勢いがすごいので、

万が一水が家の中まで漏れてきたときは即

塗装屋さんに伝えなければいけないので、

必ず家に居たほうが良いと思います。

 (うちは今回は大丈夫でした。)

あと、クーラーの室外機や給湯器など

養生シートはしっかりとしてくれてますが

高圧洗浄の勢いがすごいので、

塗装工事が終わるまでに、

電化製品の動作確認しておいたほうが

良いと思います。

6月7日、8日、9日 コーキング工事、養生シート

今日の作業は古いコーキングを剥がして

新しくコーキングし、窓枠やクーラーの室外機

など塗装がつくといけないところに

養生シートを被せていくと言う作業でした。

コーキング剥がし

新しくコーキング

窓枠や室外機の養生シート

この日から洗濯物は外に干せないのでコインランドリーにお世話になりました。

6月11日~17日 外壁塗装 3回塗り 

本日から1週間 梅雨入りという事もあり、

天候を見ながら外壁は下塗り、中塗り、上塗りと

3回塗り。 屋根塗装、軒天塗装、その他雑塗装の作業に入ります。

6月21日 最終日 足場解体 

今日の作業は足場解体と

ベランダの波板取り付けや格子の

取り付け作業で全て終了しました。

とても綺麗な仕上がりで

雨漏りの心配もなく満足しています。

今回の記事でこれから外壁塗装

してみようかなと考えている方の

参考になれば嬉しいです。

 最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました